X220のSSDを換装する

空き容量が足りなくなってきたので換装することに。交換するのはSAMSUNGの「750 EVO」。少し古い機種ですが、買ってからから1年以上放置していたためです。。。
今はSSD価格が上がりSAMSUNGの同等スペック品は当時と同じ価格では買えないようです。結果オーライ?

データの移行は、フリーソフトの「EaseUS Todo Backup Free」でクローンを作ることに。
当初はWindows標準のバックアップ機能を使うつもりでした。システムイメージは作成済だったのですが、差分のバックアップにもかなりの時間を要した(そのうえ失敗した)ので断念。
後述しますが、この方法だとリカバリ領域のパーティーションがコピーされません。先にリカバリディスクを作成しておくことをオススメします。

 インストールしたら「クローンディスクの作成」をクリック。

元のSSDには3つのパーティーションがあったのですが、前述の通り1番後ろのリカバリ領域はコピーされていません。が、おかげで後ろは空き領域です。Cドライブを拡張できるので、Windows標準機能で拡張します。


これで作業は完了。SAMSUNGが提供しているツールがあったので簡単にスペックをチェック。



元のSSDが128GB SATA 3Gbps対応の「intel 320」シリーズだったので、容量・速度共にスペックアップです。が、速度に関しては殆ど体感差はありません。読み書きの激しい作業をあまりしないので当たり前ですね。


X220も発売から6年が経過し世間ではロートル扱いかもしれませんが、僕にとってはいまでもメインマシンです。Windows10が不安定だったのでWindows7を入れ直して、安定した環境となっています。

コメント

このブログの人気の投稿

X220をFull HD化した

VAIO type PにmSATA SSDを載せた

BlackBerry Q5入手!!