POLO 6R入手!!


 車です。多分このBlog史上最も高価なお買い物です。
 購入したのはVolkswagen POLO 6Rの赤の中古車。現行の一世代前のモデルです。買ったのはかれこれ9ヶ月とか前なので本来は長期レビューの時期。。。
 
 外装の変化はグリルのラインくらい。確かに現行モデルの方が現代的ですが、フロントライトの形状などは変化がないので旧モデルでも古さをそこまで感じることは無いです。カッコよくもカワイくも見える良いデザインだと思います。

 テールランプの形状と光り方が気に入ってます。くっきりとしたラインが特徴的。


 暗闇ではこんな感じに見えます。とがっているわけでもなく、かと言って可愛らしくまとまるだけでもなくと、いい具合です。

 内装は派手すぎず安っぽすぎず程よい出来。高級感を出そうと頑張った結果コテコテになって合皮のチープさが漂う同クラスの車両に比べて非常に良い出来だと思います。
 ステアリングはサラリとした肌触りのレザー巻き。シフトレバーにもレザーカバーがかかっていて高級感を演出しています。エアコン周りなどの各所のシルバーのパーツはすべてアルマイトのような質感のパーツ。見た目はアルミパーツさながらです(素材が何かわかってません)。

 カーナビはPanasonicのStrada CN-HW880Dがついていました。2009年当時の上から2番目モデル。地図情報が2010年と新東名が無いのが痛いですが、県内や東京行くくらいなら道を覚えているので困ることはそうありません。

 写真はありませんが、後部座席がダブルフォールディングで折り畳めて、完全に平面な(傾斜のない)ラゲッジスペースが用意できます。ゴルフバッグなら2ついけます。
 もともとトランクには床下スペースがあり、更にその下にも多少のスペースと、収納力はコンパクトカーにしてはそこそこあります。後部座席自体の居住性は高くありませんが、荷物は工夫すれば結構乗りますね。
 走り心地は上々。DSGと名付けられたDCTは、1速が若干かったるい感じもしますが、あとはサクサクシフトアップしていきます。CVTとは違ったギアチェンジによって変わる加速感が心地よく、ターボ動作時はグッとくるGが楽しめます。
 燃費は街中をグイグイ走って12km/L、高速気持よく走って17,8km/L、信号の少ない国道を60km/hくらいで50km以上流して22km/Lまで伸びます。そこそこに低燃費ですがハイオクなのでお財布にすごく優しいというわけでもありません。
 最近のニュースのおかげでブランドイメージは悪化の一途ですが、この車自体はすごく気に入ってます。デザイン的にも性能的にも使い勝手的にもいい具合の1台です。今では生活の足として、旅の友として、月に1000kmくらい走ってます(通勤で使ってないのに。来年の保険料が。。。)
 乗ってみたい車は数あれど、これくらいが身の丈にあっていてちょうどいいのかな 。なんて。在庫の都合で選んだ赤も、今ではお気に入りです。

コメント

このブログの人気の投稿

BlackBerry Q5入手!!

X220をFull HD化した

VAIO type PにmSATA SSDを載せた