VAIO type PにWindows7をインストール


mSATA SSD+変換アダプタでSSDに換装後、Xubuntuで動かしていたVAIO type P。ホントはWindows入れて便利屋さんとして使いたかったけど、何故かインストール時にフリーズしてしまうので諦めていたのでした。
どうやらインストール時のフリーズの原因はTrimコマンド周りらしいです(詳しくないのでよくわからない)。ともかく、インストールできたので覚書。


流れは
  1. Windows XPのインストール
  2. Windows7にアップグレード
  3. Trimコマンド無効化
  4. ドライバ当てる
です。

1. XPのインストール
適当で大丈夫。認証もいらない。


2. 7へアップデート
起動して、CD入れて、アップデートを実行。
再起動してフリーズしてしまった記憶がありますが、再度インストールしたか何かしてゴリ押し出来ました(覚えてない)。


3. Trimコマンド無効化
起動してコマンドプロンプトから以下を実行
fsutil behavior set DisableDeleteNotify 1

4. ドライバを当てる
SONYアップデートプログラムで当ててしまいましたが、VAIO関連のいらないアプリケーションもりもりなので非推奨。適当に自分でドライバ拾ってくる事をオススメします。

アップデートプログラムで当たったディスプレイドライバでは、Office2013起動時に画面が乱れて使い物になりません。ドライバを更新しようにも最新のものだと言われてしまいます。
アップデートプログラムプログラムをインストールしてしまった場合は一旦アンインストールし、ディスプレイドライバを削除します。
インテルからドライバを落としてきて解凍。Setup.exeを実行してもエラーが出るので、デバイスマネージャから「コンピュータの指定の場所からドライバをインストール」みたいなのでドライバを当てます。



以上で一応のインストールは完了。Office2013も合わせてインストールし、それなりに動いています。Windowsエクスペリエンスインデックスを計測したら、途中でブルースクリーンで死にました。


SSD化したとはいえ接続はZIFだし、クロック2Ghzの上位版とはいえ初期Atom Zだし、RAMも1GBしかないしで、あまりサクサク動くといった印象ではありません。むしろ重い。ただ、Windows8.1タブレット+キーボードじゃPの軽さ・コンパクトさに勝てないのが現状。。。もうちょっとコイツでがんばります。

コメント

このブログの人気の投稿

BlackBerry Q5入手!!

X220をFull HD化した

VAIO type PにmSATA SSDを載せた