BlackBerry Q5入手!!


お金無さすぎて貯金崩したら余裕ができたので()
先日OSアップデートがあり日本語入力が可能になったとのことで購入に踏み切りました。今回はEXPANSYSから。型番はSQR100-2でLTE対応。黒だけ3Gモデル並みに安くなっていたので。

  • System: BlackBerry 10
  • Processor: 1.2 GHz / Dual Core / MSM 8960
  • Memory: Internal: 8 GB / RAM: 2 GB / Slot type: microSD / Max. slot capacity: 64 GB
  • Display: 3.1" / LCD / Resolution: 720 x 720 pixels / 332 ppi
  • Keyboard: QWERTY
  • Camera: 5 Mpixels / Autofocus, Time Shift mode / Flash: LED / Video: 1080p full HD / Front: 2 Mpixels
  • Network: LTE: 800/900/1800/2600 MHz / 3G: 850/900/1900/2100 MHz / GSM: 850/900/1800/1900 MHz
  • SIM card: microSIM
  • Wireless: Bluetooth: 4.0+A2DP / Wifi: IEEE 802.11 b/g/n / DLNA, NFC
  • Connection: Jack 3.5 mm / micro USB
  • GPS: Yes
  • Sensors: Accelerometer, Ambient Light Sensor, Digital Compass, Gyroscope, Proximity sensor
  • Battery: 2100 mAh (Non-removable)
  • Weight: 120 g
  • Dimensions: 120 x 66 x 10.8 mm
ということでちょっと長めの初回レビューです。

外観


箱はそれなり。

筐体はプラスチック製ですが、マットな質感で安っぽさを感じません。


厚み・幅ともにOptimus LIFEと同じくらいです。縦に短い分コンパクトに感じます。

側面にはSIMとmicroSDのスロット。細かいことですがSIMとSDの向きがシールの形で表現されているところが親切ですね。反対側の側面にはボリュームキーとミュートキー(再生/一時停止ボタン)があります。
電源ボタンは上部に。ロック解除にはキーボードの数字が書いてあるキーも使えます。ちなみに裏蓋は外せません(バッテリーも)。


アップデート

ソフトウェアバージョンは10.1.0.4181でした。


アップデートをかけても10.2.0までしか降って来ませんでした。ここは事前情報通りなので手動でアップデートします。
Countryは234、Carrierは010、DeviceはQ5、VariantはSQR100-2でSearchしDownload、そのままInstallタブからインストールを実行しました。ちなみにPCとの初回接続時にドライバがインストールされます。PCがQ5を自動認識してくれない場合はPC再起動とかすればいいと思います。
アップデート後日本語入力が可能になります。日本語入力予想よりは快適でした。変換も底までバカじゃありません。予測変換も効きます。

内蔵ストレージは8GBですが、初期状態で3GB少々埋まっています。1日写真を取ったりアプリを入れたりして使用量が4.2GBに。
RAMのほうは起動直後で使用量が1GB程度。ガツガツ使っても1.5GB程度なのでRAMには余裕がありそうです。

ソフトウェア


Androidで言うところのホーム画面は「最近使ったアプリ」を表示しています。画面下部(表示領域外)から上に向かってスワイプするとこの画面に戻ります。
ここから左にスワイプするとBlackBerry Hub(後述)、右はアプリ一覧です。

アプリは1ページ16アイコンまで収容でき、並び替えは自由に行えます(1ページが16アイコン未満でも可 その場合アプリは左上詰めで表示されます)。

上の時刻等が表示されてるバーを下ろすとクイック設定。ここの内容・並びも設定で変更可能です。ちなみに「ホットスポット」がWifiテザリング、「テザリング」はBluetoothとUSB接続のネットワーク共有です。

端末のロックはパスワードロックを掛けることができます。
おもしろいのが、電源ボタンを押しても直ぐにはロックがかからない点。最後の端末操作から一定時間が経過した時点でロックが掛かります(1分〜1時間の間で設定可能)。なので使用するたびにロックを解除する煩わしさから開放されるわけです。素晴らしい。直ぐにロックしたい場合は電源ボタン長押しでロック可能です。

もう1つのおもしろい機能に画像ロックがあります。
自分の好きな画像と数字を組み合わせるロックなのですが、説明が難しい。。またいつか詳細書くと思います。。。

ネットワークについても後日別記事まとめる予定ですが、GL07S SIMでEM LTE・SBM 3Gを掴んでいます。APNはem.stdです。

BlackBerry Hub



ホームから左スワイプほか、画面下部から↑→とスワイプしても表示できます。
電話・SMS・メール・Twitter・Facebookとあらゆるところからの通知をまとめて表示、メッセージの送信等が行えます。機能としてはWindowsPhoneのPeopele HubとiOSの通知センターに似ているのかもしれません。
メールアカウントは複数登録できますが、Twitterアカウントについては1アカウント分しか通知を取れません(単体アプリは複数アカウントを登録できます)。
通知を受け取るイベントについての設定は「設定→アカウント」から行えます。通知がいっぱい溜まってしまった際はまとめて既読にすることも可能です。
素晴らしいのはここで既読にすると、「通知の消去」ではなく「既読」として扱われるところ。メールチェックが面倒で、Andoroid端末では「通知を消去→未読メールが増える」がありがちだったので。

キーボード


1番の特徴とも言えるキーボード。固いとの評判でしたが個人的にはそんなこともない。mini proと比べても同じくらいかちょっと柔らかいくらい。
カーソルキーが無いのが残念ですが、大抵のアプリではショートカットキーが動きます。だいたい
  • T・・・一番上へ
  • B・・・一番下へ
  • N・・・次
  • スペース・・・PageDown
こんな感じの挙動です。ただ、ショートカット自体はアプリ依存ですので上記通りでは無いこともあります。メールの返信等もショートカットでできたり。

カメラ


明るさがあればこの程度は撮れます。画面の形に合わせて1:1で撮影されていますが、もちろん4:3,16:9でも撮影可能です。

マクロ機能はありませんが、寄れて10cm程度といったところでしょうか。

標準で様々なフィルターが付いているのでinstagram的に使うにはいいかもしれません。

音楽

あえて書くほどのことでは無いのかもしれませんが、大変に気に入ったので書きます。
まず、イヤホンジャックは4極プラグ対応で、ピン配列はiPhone系と共通です。BOSE SIE2で再生/停止・ボリュームコントロールの動作を確認しました。

曲飛ばし/戻しですが、「設定→メイン音量」から音楽のショートカットを有効にすることで、ボリュームボタン長押しで操作できます。
これらの操作は、イヤホンのリモコンでも本体のボリュームキー/ミュートキーでも同様の挙動です。
そして音質も普通に聴く分には問題が無いように感じます。ホワイトノイズは気になりません。ちょっとの外出ならiPod要らない気もするくらい気に入りました。

Androidアプリ

一応色々と動きますが、Googleアカウントにログインしなきゃ使えないものは動かないようです(Gmailなど)。Google Mapはログイン出来ないもの地図表示は行えます。
液晶が正方形なのでAndorid向けに設計されたUIでは縦解像度が不足しており、特に広告等が出るアプリには向かない印象です。
動作確認を取ったのは
Twicca/Sobacha/Google Map/Tumblr/乗換案内 です。乗換案内は前述の理由で厳しかった。。。




ということで長くなりましたがファーストインプレッションでした。
かなり気に入ってます。

コメント

このブログの人気の投稿

X220をFull HD化した

VAIO type PにmSATA SSDを載せた