Optimus LIFEをAndroid 4.1.2にアップデート


7月3日、ついに我らが愛するモノリスにアップデートが降って来ましたので早速試して見ました。

アップデートによって使い勝手が大きく変わるという事はありませんでした。JBの目玉機能であったGoogle Nowへの対応したほか、通知領域に画面明るさ調整のスライドバーが追加されたました。



また、以前のRAMは「使用560MB+空き130MB=合計約690MB」だったのですが、アップデート後は「使用690MB+空き100MB=合計約790MB」となりました。
実際にRAM量が増えたとは考え難いので、おそらくグラフィック利用分を使用中に加算するようにしたのでしょうか?確かに以前の表示では「RAM1GB内蔵のはずが700MBしかない?」と誤解を与えかねない表示だったので、妥当な変更と言えるでしょう(それでも空きRAMが少ないことに変わりはありませんが。。)。

変更点は以上、というかそれ以外に使っていて違いを感じることはありませんでした。

AnTuTuベンチマークでテストを行ない、アップデート前と結果を比べて見ました。常用環境のまま、再起動語全ての常駐サービスが起動した後のテストです。

アップデート前

アップデート後

スコアが伸び、常用環境でもついに1万点台を出してくれるように。ベンチマークの差だけでは無く、体感でも滑らかな動作になったように感じます。JB化による画面描画のスムージング化によって、スクロールや画面遷移が改善されたためでしょうか。

目立った不具合・使用上の不都合も無く、改善の目立つアップデートですので、「慎重に様子見」とい姿勢の方以外、すぐにアップデートを適用すべきかと思います。

話は変わりますが、Optimus LIFE、音がよろしくないですね。愛用しているBluetoothイヤホン「Plantronics Backbeat Go」で音楽を聴くのですが、音がざらつきハットの様な甲高い高音に至っては割れる始末。
以前Xperia mini proで同じイヤホン・プレイヤーアプリを用いて音楽を聴いていた時とは雲泥の差です。Optimus LTEの音もあまりよろしくなかったのを思い出しました。
「何でもスマホで」と販促するならば、液晶のスペックだけでなく、音などの目には見えないスペックにもこだわっていただきたいですね。。

コメント

このブログの人気の投稿

X220をFull HD化した

BlackBerry Q5入手!!

VAIO type PにmSATA SSDを載せた