Xperiaでホームアプリ「Zeam」を使う

多くのメーカーからAndroid搭載端末が発表され、市場がにぎわってますね。端末が増え、ユーザーが増え、デベロッパーが増える。アプリも定番からちょっと変わったものまで、色々そろってきてますます楽しくなってきたXperiaライフ。

数あるアプリの中で最近注目を浴びているのが「ホームアプリ」と呼ばれるアプリたち。「ADW Luncher」はカスタマイズの幅が広く、高機能で人気のホームアプリ。「Slide Screen」はウィジェットやアイコンを配置するといった概念を廃した斬新なスタイル。


たくさんのホームアプリがありますが、中でもボクがオススメするが「Zeam
あまり使っている人を見かけませんが(アンドロイダーで紹介されてないから?)非常に優秀なアプリです。

主な機能として
・ホーム画面を最大9枚まで設置(Xperia標準アプリでは3枚)
・ホーム画面ダブルタップにアクションを設定できる(デフォルトはホーム画面一覧)
・下部にランチャーを備える。ランチャー自体が横スクロール可能で、たくさんのアプリをおける(同時表示数は5個)

機能として特に珍しいものはなく、ADWなどと比べると拡張性は低いかもしれませんが、そのシンプルさゆえに、軽量かつ安定した動作を見せてくれます。
ホームアプリはAndroidの基盤とも言えるもの。それゆえ、安定しキビキビとした動作、クラッシュしない安定性は重要でしょう。
「標準ホームで十分だけどランチャーがあれば。。。」とか「スクリーンを増やしたいけど設定が面倒なのは。。。」なんて人にもオススメです。程よい機能量なので設定が面倒なことも無いし、タッチの感度や微妙な動作が標準ホームとほぼ一緒なので多機能すぎて迷う!何てこともありません。


最後に、実際にボクのホーム環境をどうぞ。

まずはボクのホーム画面構成から。


5面を使っています。良く使うアプリの電話帳やブラウザ、Twitterクライアントなどは、いつでも直ぐに使えるようにランチャーへ登録。さっとアプリを起動するためのランチャーをスクロールしていては本末転倒な気がするので、ランチャー登録は5個のみです。

デフォルトスクリーンはセンター

カレンダーやToDoの表示、メールクライアントなどを配置。
・基本的にメールはブラウザ上で行っているのでGmailのブラウザショートカット(絵文字の表示可、返信時引用メッセージを削除可)
・新規メール作成時に使用したり、受信したメールの送り主を電話帳に保存した名前で表示してくれる「mod.Email」
・一括でたくさんの人にメールを送る際に便利な「メアドピッカー」
・Gmailアドレスで絵文字が使える「Emogmail」



左にはPCと接続やBluetooth、GPSを使用するアプリを。それにあわせてクイック設定ウィジェットも設置。
・BluetoothでPCや他の端末とファイル交換が行える「BluetoothFileManager」
・いわずと知れた「dropbox」
・PCのブラウザからネットワーク経由で端末に直接データを送れる「Awesomedrop」
・優秀なファイルマネージャー「アストロ」
・日本語対応のGPSロガー「トレースレコーダー」



右にはマルチメディア系アプリを配置。文書閲覧からYoutubeまで
・優秀な日本語対応音楽プレーヤー「Merodian」のウィジェット
・待ち受け状態(画面オフ時)でもYoutubeを再生可能「UZ Mediaplayer」


左奥には設定系のアプリを配置。必要なときに直ぐ使えるように。
・端末のLEDを発行させてライト代わりに「LED Light」のウィジェット
・プロファイルの作成から時間指定でのプロファイル変更、タスクキルまでできるスグレモノ「Toggle Setting」



右奥にはカメラアプリ、画像編集アプリを配置。友達遊ぶときに大活躍。
・写真を楽しく加工「PhotoFunia」
・枚数無制限に連写し続ける「SequentialPhoto Lite」


いかがでしたか?
ホーム画面構成は端末の使い勝手を大きく左右します。自分にあったホーム環境を作り出してください!

コメント

このブログの人気の投稿

BlackBerry Q5入手!!

X220をFull HD化した

VAIO type PにmSATA SSDを載せた