Mac→Vistaお引越し第二弾:iTunesをお引越し!

iPhotoのお引越し方法を紹介する予定でしたが、急遽iTunesのお引越し方法に変更させていただきます。

iTunesのお引越しはとっても楽チン。なんてったってWindowsとMacで共通のソフトウェアですからね。それでは引っ越しましょう。
まず、Macでの作業。音楽ファイルとライブラリデータをまとめるために、ライブラリの整理を行います。「ファイル→ライブラリ→ライブラリを整理」をクリック。すると小さなウィンドが出てきますので、チェックできるところは全部チェックを入れます(「iTunes Media」による管理方法を使用していなかった方は2つ、使用していた方は1つチェックを入れることになるはず)
 この作業ですべての音楽ファイルが「ミュージック」フォルダ内の「iTunes」 にコピーされ、それに伴いiTunesのライブラリファイルもそちらの音楽ファイルをiTunesで扱うよう設定し直されます。
ライブラリの整理作業が終わったら「ミュージック」フォルダ内の「iTunes」を丸ごとコピー。外付けHDDなどでWindowsマシンへ。
コピーした「iTunes」フォルダを、「ミュージック」フォルダ内の「iTunes」と置き換えます。(WindowsにはあらかじめiTunesをインストールしておいてください。設定はデフォルトのままでOKです。)
次に、Macで使っていたライブラリファイルをWindowsで使うために「iTunes」フォルダ内の「iTunes Library」というファイルに、拡張子「.itl」を付加してください。これでWindowsでも読み込めるようになります。(そのほか、いくつかのライブラリファイルがありますが、そのままでOKです。)
 これで作業は終了。iTunesを起動すると以下のダイアログが出るはず。
以上で再生回数やプレイリストをそのままWindowsへ移行できました!!

と、おもいきや、なぜか何曲か「ファイルが見つかりませんでした」と表示されてしまう。手動でファイルを指定してやればいいだけの話だが、どうもしっくり来ない。手順に間違いは無いハズだけど。。。
なにか ミスがあれば、コメントにてお伝えください。

ちなみに、みればわかると思いますが、作業自体はライブラリファイルの拡張子変えてるだけです。ライブラリの統合は、データのコピーを楽にするのが目的です。(こうすることでライブラリデータが音楽ファイルの位置を相対的に記憶してくれるため、ライブラリデータの中身をいじる必要が無くなる)
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=93732-ja
ここを参考にしています。応用すればMac⇔MacでもWin⇔Winでも使えますよ~

コメント

このブログの人気の投稿

X220をFull HD化した

BlackBerry Q5入手!!

VAIO type PにmSATA SSDを載せた